スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日帰り杖突峠&伊那B級グルメの旅
- 2009/11/23(Mon) -
限られた、許された時間の中で、日帰り長野行ってきました。

明日から2月までは仕事でいっぱいいっぱいになりそうだから
楽しみに行ける内に行っておいた、そんな感じです。


6:07 浦安

(高田馬場)

7:00 新宿発 スーパーあずさ1号

9:08 茅野着、輪行解除

杖突峠(10:20頃)

高遠 さくらの湯(11:20頃)

伊那でローメンとソースカツ丼

14:07 伊那市発

15:04 岡谷発 スーパーあずさ22号(?)

(中野)

18:27 浦安着
この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
2008/8/1~2 七ヶ宿街道
- 2008/08/04(Mon) -
またまた行ってきましたよ小旅行。
会社が8月1日は一斉休業なのを利用して。
といっても3日は出勤したんだけどさ(涙)

コース
8/1:白石まで輪行
8/2:白石→七ヶ宿街道(R113)→亀岡文殊→高畠駅の太陽館→米沢++峠の力餅


白石では、名物らしい「温麺(うーめん)」をいただきました。
そうめんのような、でも店のおばちゃん曰く「うどんに最も近い」とな。

そうめんのように細いけど、うどんのように腰があり、しかし麺が超短い。
そんなもの。
写真とってないので終了。


米沢まで70kmくらい、最初40kmは延々微登坂。
道中といってもこれくらいしか見るものがない。
いや、「七ヶ宿」いうだけあって、集落が宿場町のようになっているんだけどさ。
というわけで、ロックフィルダム。
七ヶ宿ダム
ダムの躯体を守るため、石を斜めに積み上げてあるのが印象的な。


ストイックな微登坂を終えると、一瞬の展望が。
高畠

東北にはなぜか多い、作物の名前を関した広域農道。
フルーツライン、なんて東北全部でいくつあるんだか。
ぶどうまつたけ

道の駅高畠。試食が充実しております(笑)
米沢牛せんべいが美味でした☆
道の駅高畠

文殊とはなんぞや、と思いながら、日本三大文殊らしい亀岡文殊へ。
門からはるかに伸びる石段。
亀岡文殊


また写真撮り忘れたけど、高畠駅前というか駅舎と一体化した温泉「太陽館」へ。
300円。なかなかいい風呂。


米沢に来たからには米沢牛!!
なんだけど、ステーキやしゃぶしゃぶには手が出なかった
貧乏性丸出しのこれでもサラリーマン、
ハンバーグステーキ定食をいただくことに。
ハンバーグステーキ
ちなみに店は「万吉」ってとこ。選んだ理由なんてない。ただ一番最初に見つけたので。
いや、美味しかったですよ。

上杉神社を見て、旅は終了。
上杉神社

「成せば成る 成さねばならぬ 何事も」
仕事のことですか、そうですね。



んでもって、最後に知る人ぞ知る「峠の力餅」を峠駅で買うべく、
米沢発福島行きの各駅停車に乗り込みます。
13時10分発、逃すと次は17時45分まで各駅停車はないという鬼っぷり。

で、感想。

峠駅、人多っ!!

登山客なのか、てっちゃんなのか、多分途中駅の中で圧倒的に乗客が多かった!

ていうか、スイッチバックじゃなくなったのな。期待してただけに残念。

ま、電車を一瞬飛び降りて、千円札一枚と餅一箱をぶじ交換して、目的達成♪

あとは福島から新幹線で爆睡して終了でした。


なんか今回も結局なめきった旅で終了してしまったな。
次は夏休みの九州だ!
って10月にずれ込みそうな予感がしているけど(- -;


おまけ。
知る人ぞ知る「THE TROOPER'S JOURNEY」
ちょっとランクイン目指したいと思います。
P8040002-.jpg


エリア数以外は、はっきり言って他の行脚愛好家をなめてるとしか思えない内容ですみません。
そもそもプレイ回数90回くらいだし。


ともあれ、8月4日時点、100位は18エリアなので私と3エリア差。
夏休みの九州行きで九州本土7県+道中あわせて
13エリアほど埋める予定なので、ランクインするかな?

その前に、期間内に夏休みが取れるかの方が危ういんだけどさ。
この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
日帰り逃亡:宇都宮~常陸大宮
- 2008/03/09(Sun) -
私、自転車旅を始めてそろそろ丸7年となります。

学生時代は、長ければ20日以上連続で、野宿しながら走り回っていたのですが
流石に社会人になってそんな時間も無く、
たまの3連休に、1泊2日の小逃亡をする程度でした。

野宿道具を積んでの泊りがけスタイルの何が辛いかといいますと、

●荷物が重い、そしてでかい
●帰宅すると、休日が残り半日しかない


私の家は千葉県は市川市にありまして。
一方は海(工業団地)、もう一方は関東平野。
近所に山道らしい山道はありません。

山道大好きな私としては、山道を走るためには、
どうしても輪行を余儀なくされてしまうのです。

そこで考えた末、スノーボード行く人たちの行動パターンからヒントを得て、
出たスタイルが

「早朝輪行、昼間走る、夜輪行」の日帰りスタイル。

難点としては、
●行動時間が長いため、結局翌日は寝るだけになる
●交通費が馬鹿にならない
●電車乗っている時間のほうが、走る時間より長いことも


とあるのですが、まあ次の日を有用に使うには使えるんじゃないかと。
キャンプ用品いりませんから距離稼げますし。
どうせ走れない夜を輪行に使うってのも理にかなってるでしょうから。


##

というわけで、8日土曜の行動列挙。

01:00 酒飲んで帰宅
02:00 洗濯とかして就寝
06:30 自分をたたき起こす
07:15 最寄り駅着
07:30 輪行をすませ、電車に乗る→爆睡
10:00 宇都宮駅着、チャリ組み立てる

デジカメ忘れたので、1行殴り書き形式でお送りします。

・餃子食べるつもりが、大抵の店は11時開店。早く着き過ぎました。
・なので、せっかく自転車あるんだから、有名なみ○○んではなく
遠くの餃子屋まで行きました。

・その店の前の張り紙。
「大変勝手ながら、本日は午後5時からの開店といたします」

・戻るのも癪なので、餃子はあきらめました。
・道中のラーメン屋で空腹を満たしました。

・龍門の滝を見に行きました。
龍門の滝

(これだけ携帯で撮影)

「道の駅みわ」で、鮎の塩焼き(メス)をいただきました。
子持ちの鮎は新鮮でした。美味。
アウトドア引き篭もりが金持つと、ろくなことに使われません(笑)

・常陸大宮駅に17:30頃着いて、駅前の食堂で晩飯食って、
そのまま帰還しました。
・夜の常磐線の車窓は、真っ黒でした。というか爆睡しました。

そんな休日の過ごし方。
ちょっとはまりそうです。

この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プチ逃亡:くろほねやまびこ
- 2007/11/11(Sun) -
またまたやってしまったプチ逃亡。
アウトドア系引き篭もりがお送りします。

今回の行き先は、日光と桐生を結ぶ、国道122号線です。

詳細:
11/10(土)…東武日光駅→R120、R122→道の駅くろほねやまびこ
11/11(日)…R122→赤城駅

以上!!!


---

朝8時に自宅を出発。
したら、朝の地下鉄東西線は思いの他混んでおりまして、
正直すんませんでした、と思いながら、日本橋まで。

そっから銀座線で浅草→東武線で日光。11時過ぎに到着。

さすが紅葉シーズン。
悪天候にもかかわらず、車内は観光客でいっぱいでした。


で、写真は今回あまり撮ってません。
どうにも気分が乗らなかったもので。
第一ブログのためにツーリングしてるわけではない!!
(じゃあ書くなよ・・・??・・)

東照宮周辺の紅葉はさすが、でしたがまだちょっと早いかもね、
といったところでした。

今回はちょっと走って、道の駅で野宿。
それに、世界遺産の東照宮見るなら、もうちょっと由縁を勉強してから、
という思いもあって。
今回はスルーいたしました。

今回の登りは、日光駅から日足トンネルまでの約300m、のみ。
でも登りきったあたりで膝痛めちゃいました。
それも右足だけ。
間違いなくドラムマ○アのやりすぎのせいですすんません。

あとはひたすら下りの快走路…だったはずなのですが、
小雨ぱらつく中正直寒いのと、たまの登り返しが膝に堪えるのとで、

富弘美術館
「富弘って誰だよ?」と思ったら、口で筆を咥えて花の絵と詩を描かれる、
あの星野富弘
でした。
正直すみませんでした。次来た時は、足尾銅山とともに見学します。
普通の服装で。。。


15時過ぎ、わたらせ渓谷鉄道の水沼駅の駅舎併設の温泉に到着。
いや、ほんとに普通の風呂なんですが、
天気よければ渓谷がきれいだったんだろうな、と。

どうでもいいけど、風呂で眠りかけた…

16時半ごろ、道の駅くろほねやまびこに到着。
コンビニ併設。泊まってくれと言っているようなもの。

寝場所としては・・・売店が閉まってから、その軒下ということで。
店が閉まるのを待っていたら、ご主人(?)から声をかけられて。

店の軒下でとまる許可を正式に頂いてしまった他、
売れ残った赤飯とかまで頂いてしまいました。

俺、こう見えても社会人なのに…
恥ずかしさでいっぱいでした。

カレーを作って、コンビニで買ったビール飲んで、
眠かったので20時~6時と10時間も寝てやりました。




朝。

くろほねやまびこ

こんなところです。




高津戸峡


帰り道に高津戸峡に立ち寄って。
紅葉はもうちょっとだけ後がピークかな。

そのまま赤城駅から、まっすぐ帰ってきました。

おしまい。
この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プチ逃亡・・・黒羽&袋田の滝
- 2007/10/08(Mon) -
結構長期で放置したな・・・

というわけで、3連休は一度帰京し、ここぞとばかりに
ツーリング(?)に行ってきました。

一応コース。

当初予定
那須塩原駅→道の駅だいご→R349とか→いわき
(約130km)

実際
那須塩原駅→黒羽町(泊)→袋田の滝→終了(約60km)


総外出時間(家のドアを出てから再び入るまで):29時間


いやー、なめきってますな。


金曜日、22時30分に退社してから、翌朝3時まで飲んで。
疲れた体を深夜タクシーに乗せ帰ったのが4時。

タクシー降りて力尽きて、会社の寮の玄関前でばたんきゅー。

5時に知人に発見され起こされ、そのまま9時まで布団で就寝。

「今日は絶対ツーリング行く」と決めてなければ起きなかったな。

11時まで準備やら洗濯やらをして、出発。
前日の酒のせいでグダグダなのであります。

14時前に輪行チャリを組み立てて出発。
15時には黒羽町に到着。
まあ、そうやわな。10kmくらいしかないんだし。

観光スポットの一。観光やな。

黒羽やな


天気よくって、那珂川のほとりでボケーとしているだけでも
大分気持ちよく、落ち着きました。

「走る気ないだろ」
『ないよ』

しばしボケーっとして。

奥の細道とか興味ない俺は、その辺はスルーでひとつ、でした。

黒羽温泉「五峰の湯」へ。

露天風呂から那須の山々がきれいに見えるロケーション。
天気よければお勧めです。
風呂自体は別に特筆すべきことはありません。ふつー。

風呂からの帰り。
PA060162.jpg


見えにくいだろうけど、那須の山が望める下り坂。

夜。那珂川の河川敷にて野宿を決行。
寒い! 以上。

前日がアレだったので20時前に寝たら、2時に目が覚めるとか。
近くにコンビニがあったので暖をとりに。

道中、街頭のみが寂しく光る眠った町の中で、
柴田淳のアルバム「ひとり」を聴いてたら涙が出てきたのは秘密の話。


さてさて。
夜が明けて。
寒いんだよ。
夜中もお世話になったコンビニで軍手を買って、7時前に出発。

袋田まで30km。ゆるーい峠が3発。
まあそれくらいならおじいちゃんでも越せるわな。

PA070168.jpg


特に大学の研究室配属以降の、毎度のツーリングでそうなんだけど。
こういう景色を見に来たんですよ。
何気ない日本の原風景。


あ、「やな」の全体像はこんな感じな。
さっきのとは別の場所のだけど。
PA070169.jpg



本日の最終目的地となってしまった袋田の滝であります。

袋田の滝


日本三大名瀑らしいです。
まあ僕の文章力では何も語りません。
冬には凍結するらしいので、それはそれで見てみたいものであります。

ツーリング以外でな。

この年にもなると、下ジャージに上長袖Tシャツという薄汚い格好で
A級観光地をふらつく事に疑問を覚えるようになってきます。

一歩間違えたらDQNよ。ほんと。


列車まで時間があったので、こんにゃく関所に行って試食しまくって
あとはstoic に輪行して終了です。


BGM連中:
カメラ!カメラ!カメラ! / Fripper's Guitar
SOME HARD REACTIONS / 古川もとあき
10月のメトロ / CECIL
人工衛星 / CECIL
コンビニ / 柴田淳
OVER THE CLOUDS / Lala Moore
この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。