スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その3
- 2010/08/01(Sun) -
1日目に戻る(苫小牧+++稚内→浜頓別)
3日目に進む(遠軽→北見→網走)

2日目:7/16

4時すぎ起床。ね、ねみぃ。

前日に買っておいたおにぎりとかを頬張って、5時ごろ出発。

でもなんかあまりに眠い。
そして膝の調子ものっけからおかしい。

1時間ほど走って、そこらのバス停で二度寝。
15分ほどでしたが、だいぶ疲れがとれました。

神威岬で小休止。
どこまでも最果てのオホーツク海。
P7160756.jpg
P7160759.jpg


道の駅マリーンアイランド岡島で、同業者に話しかけられるその1。
なんでも稚内で現地調達したママチャリで、海岸線1周して青森ねぷた祭りまで行くとか。
そこまでの時間がある方がうらやましいですが、それはそれ。
わたくしみたいなホリデーサイクリストとは、人生の送り方からして違うんです。
そういう人たちに、一瞬でも会える場所。
それがまた北海道なんだとも思うのです。


雄武の少してまえだったかな(うろ覚え)
牧場直営の乳製品屋さん、「Blue Grass Farm」っていうお店が国道沿いにあったので、
休憩がてら、ソフトクリームをいただきました。
やっぱり美味しいね。
P7160766.jpg
P7160767.jpg

お昼ごはんは、さっきのソフトクリーム屋から20km。
道の駅興部(おこっぺ)近くの「おこっぺんはうす」ってとこで食べました。
親子丼ならぬホタテ丼。
P7160769.jpg

久々に(料理屋でですが)手料理を食べたのでなんかすごい安心感が。


まだ今日の行程は半分以上残っている!
いつもなら小休止するところ、先を急ぎました。

心配していた雨はどこへやら、快晴も何も、日差しが強いこと。
P7160773.jpg

紋別の市街地越えちゃうと、遠軽まで何も無い、あまりにもストイックな道。
ところどころで湖が見えるのが心の救いだったりするのです。
名前はたぶんあるんだろうけど、地図見ても思い出せない。
P7160780.jpg

17時くらいだったかな。
道の駅上湧別に到着。
P7160782.jpg

ここの「チューリップの湯」でお風呂。
今日も1日頑張った脚をよくマッサージします。
膝の調子も少しおかしいし、膝周りは特に念を入れて。

で、またここも前日に同じく、足を止めたくなる誘惑にかられる良道の駅なんですが、
あと20km頑張る。

そして遠軽到着。
スーパーで半額お惣菜しこたま買い込んで晩御飯。
そしたら、21時ごろ、当てにしていた電源つきトイレのシャッターが閉められた!

携帯充電してなくてよかった・・・

結局、少し移動したところにあった老人向けスポーツ施設の入り口で寝ました。
枕元に電源があったのでやりたい放題。

1日目に戻る(苫小牧+++稚内→浜頓別)
3日目に進む(遠軽→北見→網走)
スポンサーサイト
この記事のURL | 10/07/14-19 オホーツク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その4 | メイン | オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その2>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/139-cf14bc6d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。