スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その4
- 2010/08/01(Sun) -
2日目へ戻る(浜頓別→遠軽)
4日目に進む(網走→中標津→釧路→急行はまなす)

3日目:7/17

うーん膝の様子がおかしい。明らかに。
とりあえず北見までは頑張ろう。
鉄道あるから最悪エスケープは可能。
周遊きっぷだから金銭的損害もないし。

ゆるーい峠道なんですが、それでも痛んだ膝にはこたえる道。
30分に一度は休憩取りながら、久々のIIDX目指して、ちまちまと、行程をすすめました。

北見! 見えたときはなんか嬉しくなりました。
たまねぎなキャラそっちのけで。
P7170788.jpg


で、国道39号に合流するまでの40kmに4時間はかかったと思います。

閑話。
このツルハドラッグの看板を見ると、Innocent Wallsを思い出さずにはいられない…!
P7160786.jpg

さらに自転車こぐこと1.5時間。
このSUGAIの看板を見たときの安心感といったら!(馬鹿
P7170790.jpg

隣のBIG BANGと500m離れていないので、先に開店しているそっちを。
しばし遊ぶ。
P7170791.jpg


SUGAI(実際はゲオパークですが)に戻ってもう1クレ。

そしてお祭りやってる市街地を華麗にスルーして、東武端野でもう1クレ。
結局昼飯はこのショッピングモールの中のドムドムで。
P7170792.jpg

さて。
膝の痛みがちょっときつくなってきた。
中標津まで行ったとしてもその先バス輪行なのはほぼ確定として。
今日網走越えたとしても、翌日14時までに中標津(網走から120kmくらいある)にたどり着くのは無理かもな。

網走をショートカットして美幌峠越える道を選べば、中標津にはいけるかもしれないけど
網走行ってさらに中標津まで行ってこそ、自分の中でコンプリート。
出発前にも一応用意していたその選択肢は、現地ではあっさりと消えた。

行こうと思って無理すればいけなくも無いのかもしれない。
この網走までの50kmを以って、行くか退却するか判断しよう。

アップダウンがこたえる。
それにしても北海道らしい、広大な景色が広がる道でした。
たとえばこんなの。
P7170795.jpg


おや町道こんまい?
P7170798.jpg

道の駅女満別での休憩。
この時点で16時。
P7170799.jpg

こんな時間でまだこんなところ。
結論はとっくの昔にでていました。

無理だ。自転車降りよう。
そして明日MASAさんとご一緒させてもらおう。

そうMASAさんに連絡したあとは、もう迷いはありませんでした。
急ぐことなく、のんびりと、今日の宿泊予定地、道の駅網走を目指して、
残りの行程を進めました。

女満別湖でてまもなくの景色。
P7170805.jpg


18時過ぎてたな。道の駅網走到着。
P7170810.jpg
ここまで約370km。よーがんばった。

荷物はここに預けて、自転車での最終到達地になってしまった空荷チャリでパロ網走へ。
P7170812.jpg


2日目へ戻る(浜頓別→遠軽)
4日目に進む(網走→中標津→釧路→急行はまなす)



と、結局この日で自転車を降りることにしたのですが。

元々1日平均150km超えのプランってのが、無理あったのかもしれない。それは最初から承知済み。
あと1日あれば余裕を持った行程でらくらく楽しくいけたであろうことも承知しています。

でもその上で行程作って、あげくブログにもmixiにも行くと宣言した手前、
簡単に引き下がれないってのがあった。

いつも走ってて思うのだけれど、特に今回みたいにエスケープが完備されていると、終わりにするのは簡単。
では、どこまでが正しい(あるべき)撤退で、どこからが単なる自分への甘えなのか?

いろいろ理由をつけて諦めるのは簡単。
諦めることを正当化する、あるいは諦めても代わりに○○があるから不満にならない、
そんな理由は探せばいくらでも出てくるわけで。
最後どうするか決めるのは自分の心でしかない。
結局のところ根底として、自分は何をやりたかったの? そこで引き下がっていいの?

自転車10年乗っててようやくそんなことに気付くことが出来た、北の大地。
途中ギブアップとはなりましたが、試される大地に全力で向かって試された結果ならば、悔いはありません。

次リベンジ? しませんよ(笑)
スポンサーサイト
この記事のURL | 10/07/14-19 オホーツク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その5 | メイン | オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その3>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/140-5fa3cb2d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。