スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その5
- 2010/08/01(Sun) -
3日目に戻る(遠軽→北見→網走)
5日目に進む(急行はまなす→青森→秋田→浦安)

4日目:7/18

自転車を降りたあとの以下IIDX行脚記。

しっかしなー。

なんでこんな最果てのゲーセンに、一生で2回も来ようかと思ったものかな~

網走から標茶まで汽車に揺られること3時間。
標茶駅で中標津に行くバスを待つこと1時間。
MASAさんと私以外、他に乗客のいないバスに揺られること1.5時間。
そこからさらに歩くこと0.3時間。

誰も乗らなければ、廃止の危機に立たされる、かつての都市:標津方面に向かうバス。
P7180814.jpg


人生2回目の、らんらんらんどなかしべつ。やっぱり遠い(笑)
P7180819.jpg


2人で揃って筐体TOPに名前残したあと、昼飯何します~、って話になって、
選んだのは。

中標津限定!
ミルキーカレー
ミルキーラーメン

MASAさんはラーメンを、私はカレーを食べました。
MASAさん曰く、ラーメンは普通だったそうです。
P7180818.jpg


カレーはなんかクリームシチュー味のするでもカレーの風味はきちんとする、なんか面白い味でしたが、
まあ普通に食べられました。
P7180817.jpg

お昼食べ終わったのが13時前。
14時のバスまですることないなー、
車ないしそこまでの時間も無いから開陽台には行けないなー、
他に観光するとこ思いつかないなー、
ってことで、東武サウスヒルズをぶらぶらしてました。
とりあえず2人で中標津アイスと、(実は私も初体験だった)「リボンナポリン」を購入してその場で食。

釧路行きのバスは、なんと東武サウスヒルズから歩いて5分くらいの病院を通過することが判明!
そこで再び自転車組んで、まだ時間余ったので炎天下の中バス待ち~
P7180820.jpg

お天気よかったので、すぐ横の病院の芝生でカッパ干したり。

さて。
来たバスは高速バスそのものでした。
2人して左右両サイドの最後部座席を取って、さらに1人2席MAXリクライニングで大爆睡。

本当はね。
中標津と釧路の中間地点にね。
とっても北海道らしい周り牧場しかない景色のど真ん中で、俺からIIDXGOOOOOOOOLD免許の権利をを奪い取った
思い出の地があったのですが、
そんなの回顧することもなく、お構い無しに寝てました!

16時、定刻どおり、BIG BANGとゲオパークの中間地点にバス到着。
1時間で2店舗回収して3km歩かないと、次の目的地、ギャラクシーゲート星が浦に間に合わない。
順番待ちのあったBIG BANGは1筐体あきらめて、FREEで2店舗3筐体取って、
釧路駅近くまで歩く。

ゲーセン終わったら、歩きのMASAさんに先に歩いててもらって、
自分はチャリを組みなおしてからチャリに乗って合流しました。

17時、再びバスに乗り、行った先はつい最近IIDX入荷したっていうギャラクシーゲート星が浦。
P7180821.jpg

P7180827.jpg

残念ながらオフラインでしたが、各自1クレずつ。
当然ながら非公式の通算店舗数にはカウントします。

またバスで釧路駅に戻って、19時08分の特急にはやばやと乗り込み。
MASAさんはまだこのあと帯広2店舗(含む徒歩4km)を残していながら、
特急車内でサッポロクラシック+駅弁で祝杯。

21時ちょっとまえ。
帯広駅で降りるMASAさんを列車の中でお見送り。
お互い途中大爆睡をなんどかかましながら、ほぼ丸1日行脚トーク。
私みたいなまったり行脚erなんかに、おつきあいいただきありがとうございました!
(しかもバスとかのルート案内は全てお任せで! 私はただのこのこついていっただけ!)

3日目に戻る(遠軽→北見→網走)
5日目に進む(急行はまなす→青森→秋田→浦安)
スポンサーサイト
この記事のURL | 10/07/14-19 オホーツク | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その6 | メイン | オホーツクツーリング+道東行脚~試される大地~ その4>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/141-5ba2ff44
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。