スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
椎矢峠 - THE LAST EMPRESS- 3/6 緑川ダム→椎矢峠→椎葉村
- 2009/08/20(Thu) -
←Prev.2/6 八代→天草松島→宇土→緑川ダム

国道から脇に入る道に、早速出てきました。
P8100409.jpg


林道入り口に位置する、内大臣橋
P8100412.jpg


地上からの高さ90mということらしいですが。

うちの母校のある人が残した名言、
コードレスバンジージャンプ=飛び降り自殺
いやこれ見るとバンジーなんてやりたいと思わないなー。
P8100414.jpg


内大臣林道の入口です。
やっぱり入っちゃダメなんですよね・・・
P8100415.jpg



肝心の通行止めの道中ですが、やはり何箇所か土砂が盛り上がっているところがあり、
自転車やバイクなら通行に支障はないのですが、四輪では流石にしんどいかな、という気がします。
でも流石に↓ということはありませんでした。
P8100417.jpg

P8100420.jpg


まあこれは、土砂崩れに巻き込まれても責任取らないよ、という行政側の意思表示なので
そのへんのリスクというか責任範囲を理解(覚悟)した上での通行となるんですけどね。


最後の標高100m分くらいで、アブが噛んできやがったので、我慢ならず叩き落してしまったら
そこからはアブとの戦争でした。
止まったら噛まれるので必死で逃げますが、所詮はダート登り(結構悪路)+過積載チャリ。
しつこく付きまとわれるのがオチ。


峠で昼飯なんて甘いこと考えてると一発でやられる様相でしたので、
写真撮影だけして3分もしないうちに、ガスガスの峠を後にしたのでした・・・
P8100422.jpg


宮崎県側は通行止めもなく、スリリングなダートの下りを満喫。


途中で道を間違えて、標高差100mくらい無駄に登ってしまったりしながら
2時過ぎには椎葉村に到着。


レンガの道。
村の一角は秘境の宿場町って感じで、旅館が立ち並んでいて、相応に整備されていましたね。
P8100426.jpg
P8100428.jpg


この村、(6年前の)ツーリングマップルに載っている(宿)でお風呂に入れなかったのと、
自身があまりに汚らしい格好でしたので旅館の人に嫌な思いさせても駄目だろうということで
今日は風呂はあきらめ。

最初は村内の公園に場所を取っていたのですが、変な虫が大量発生したあげく
噛んできやがって、とてもじゃないけど安眠できる状況ではないと判断し、
バスターミナルの中に寝床を拝借しました。

テント持ってけよ、って話なんですけどね・・・


→Next.4/6 椎葉村→人吉→小林
スポンサーサイト
この記事のURL | 09/8/8-13椎矢峠 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<椎矢峠 - THE LAST EMPRESS- 4/6 椎葉村→人吉→小林 | メイン | 椎矢峠 - THE LAST EMPRESS- 2/6 八代→天草松島→宇土→緑川ダム>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/81-f32f1a6d
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。