スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
椎矢峠 - THE LAST EMPRESS- 7/6 行脚人生の振り返りと、今後のありかた
- 2009/09/02(Wed) -
まだEMPRESSは1ヶ月ちょっと残ってるけど。
あまりに長いので隠します。
ある音ゲー中毒患者のぼやきだと思って頂ければ幸いです。
(1)EMPRESS行脚のはじまり

思えば昨年の忘れもしない19,November、
EMPRESSで行脚企画続行、行脚数リセットとわかったとき、
それまでは「もうやるもんかばーかばーか」と思っていながら、側近の出張や
正月帰省の予定を思い浮かべるうちに結構なエリアを回れる事に気がついてから

「今作こそは47エリア回りきってやろう!」と思うようになってしまいました。

そして、どうせやるなら、店舗もランキングに入る位は頑張ろう、と思ってしまいました。

それからというもの、まだ効率的なエリア埋めの知識も無い状態で
いつどのエリアをどうやって埋めようか、時刻表やゲーセンマップを
寝る間も惜しんで眺めて調べて。
店舗についてはDJTでは全くやっていなかったので、どこに何店舗あるのかも
分からない状態から、何日かければいくら位廻れるのかを何度となく見積る日々。
調べたり考えをめぐらせているうちに興奮してきて夜中眠れない事もしばしば。




(2)47エリア達成の後

一度始めてしまうとなかなか辞められないのが行脚の怖いところ。
最初は店舗ランキング安泰の250店舗くらいでいいやと思ってたけど、
GWに47エリア埋め終了させたときに240店舗で、その頃から
「行脚数の画面を面白おかしく終わらせてやりたい」
なんてくだらないことを思いつくうちに目標店舗数が150以上も増えてしまい、
5月の休日の殆どが行脚に走る日々。
そして出張で北海道に飛んでからも、休みのほぼ全てを行脚に費やしてみたり。
挙句の果てに日帰りで苫小牧から中標津に行ったり、
帰路をわざわざ電車で済ませて西馬音内に寄ったり。

417店舗という目標は、行脚しながらずっと心の奥でわだかまっていた
際限なく行脚してしまうことを防ぐための足枷として設定した数字

出張から帰ってきて、目標店舗数に近づく=行脚の終わりを意識するものだから
残りの店舗を単に近隣で埋めるのではなく、チャリで埋める、遠いところへ行く、
行ったついでに友達と会う、等々少しでも充実させて終わらせてやりたいと
(「量より質の行脚」と当時呼んでいたけど)画策し始めた。
ここまでくると、最早死期の近づいた末期患者でしかない。
まあそれは仕事の都合で叶わぬ夢と思い、結果的には早々にかつ確実に417ラストを
学生時代を過ごした京都で終わらせられる方法を選んだのだけど。

事実、今でも家から1時間の圏内に15店舗くらい残っている。
っても方角バラバラだし、すぐ近隣に用が無い限りは行かないけどね。




(3)TROOPER'S JOURNEY vs EMPRESS行脚王

42エリア80店舗のTPJ
エリアの取り方は今見れば極めて不器用だったけど、ゲーセンは1エリア1店舗にとどめつつ、
観光したり美味い飯食ったり旧友と飲んだりしたTROOPER'S JOURNEYの思いでは多い。

47エリア420店舗のEMP
一方、EMPRESSはことエリア埋めに関して言えば殆どがただの作業だったな。
ゲーセンついでに何かをやったエリアは殆どなかったな。
例えば、GWに2.5日で九州北陸回ったときなんて、1日3食コンビニかマクドで観光ゼロ。
中四国を回ったときもそんな感じだった記憶が。

とにかくエリア埋め終わるまではなんか楽しい旅の思い出なんて一つとしてなくて
本当に大金をはたく作業ゲーでしかなかったかな。




(4)得たものと失ったもの

生まれて初めて沖縄に行きました。
まあ夜着→ゲーセン→飲み屋→寝→朝帰り→昼から仕事、だったけど。
このときに何気に初めて自分の力で飛行機に乗りました。
中標津に行く途中の牧場しかない道でおまわりに捕まったのもいい思い出。
あと5ヶ月で免許がIIDXGOOOOOOOOOOOOLDだったのにorz
一時期は台湾にも行こうと思ってたのでいろいろ調べたりもしました。
あとはオフ会の幹事なんかもやらせてもらって、スレに一喜一憂してたのもいい思い出。

ここまでは失ったものもありながら、しっかり得るものを得た部分なんだけど・・・

何より最大の問題は、12月~5月くらいの仕事が多忙な当時、少ない余り時間の
殆どを行脚とその情報収集に費やした結果、同年代の人間が当然やっているべき
様々な行為、集めているはずの情報に対して以前にもまして見向きもしなくなるように
なってしまったことなのです・・・


こういった状況を一言でまとめて、

「EMPRESSで行脚企画があったせいで俺の婚期が1年遅れた」

なんて表現してるんですが、まあ結婚に限らずとも、社会人として、社会に生きる
20代後半の人間として、1年を無駄にしてしまったのは言うまでもありません。

DJT終盤にこんなことも思っていたな。
「beatmaniaの副題がEMPRESSなうちに彼女を見つける」それは結局行脚企画に翻弄され続けた結果、遠い夢に終わりそうな気配だけど。

まあこんな生活しながらも、話というかチャンスが皆無なわけではなかったんだけどね。
というかあまりにEMPRESSという言葉がふさわしい女性ばかりだったので
(PrincessよりEmpressという言葉がふさわしいと言うニュアンスで)面白いというかびっくりしている。
まあしかし結果的には先述のとおり、DJT時と比べて進展なしであり残念、というわけで。




(5)今後の自分と、SIRIUSとの付き合い方

別に同年代の人間が当然やっているべき様々な行為をいままで抜かりなくやってきたわけではありません。
行脚も終わったことだし、いい加減奮起して、世の中に広く目を向けるような人間にならないと
いけないのだろうと、今回ばかりは強く思っています。

一般人と話題を共有できない趣味に多くの時間を割くべきではない。
いい加減「休日なにやってんの?」と一般人に聞かれて答えに窮するような生活はやめにしたい。
地方に行けば自分の年代の人間が浮いた存在で、都心に行けば自分の身なり(中身含)が浮いた存在で
同年代の知り合いと会えば自分の会話力の無さ、視野の狭さ、趣味嗜好知識行動の方向性が浮いた存在。
手近な動機としてはそんなところかな。
段階的にはなんとなく「脱オタクファッション」の次のステップ。

SIRIUSでは行脚には絶対手を出さない。出張先の近くの店舗をついつい調べたりもしない。
音ゲー自体はまあそう簡単に辞められるものではないので細々と付き合うつもりではいるが
音ゲー曲聴いたり、音ゲー関連サイト巡回したりするのは控えめにする。
その空いた時間で、ちゃんと新聞読んだり、もっと他の作品(映画、音楽、テレビ、小説など)に触れたり、
たまには勉強したり、人と会ったり、その他今までやってこなかったようなことを行う時間に当てたりする。

九州旅行では、表向きには相変わらずのゲーセン行脚を含むチャリ旅をやりながら、
裏ではずっとこんなことばかり考えていましたわ。
この機会を逃したら、もう2度とこんな更正行為をやろうとしなくなるだろうから。
スポンサーサイト
この記事のURL | EMPRESS行脚王 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ぼやき置き場09年9月前半 | メイン | 椎矢峠 - THE LAST EMPRESS- 6/6 鹿児島市→京都→千葉>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/87-8aa39b2a
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。