スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日帰り杖突峠&伊那B級グルメの旅
- 2009/11/23(Mon) -
限られた、許された時間の中で、日帰り長野行ってきました。

明日から2月までは仕事でいっぱいいっぱいになりそうだから
楽しみに行ける内に行っておいた、そんな感じです。


6:07 浦安

(高田馬場)

7:00 新宿発 スーパーあずさ1号

9:08 茅野着、輪行解除

杖突峠(10:20頃)

高遠 さくらの湯(11:20頃)

伊那でローメンとソースカツ丼

14:07 伊那市発

15:04 岡谷発 スーパーあずさ22号(?)

(中野)

18:27 浦安着
3連休の中日だけ雨の予報だったので、その日は会社へ。
そして、晴れる日を狙いすましたのが今回行程。

スーパーあずさはまあ何とか自由席を確保。
韮崎~小淵沢のあたりで見えた山は甲斐駒ケ岳かな?
(電車の中からなのでうまく写せなかった・・・)
PB230044.jpg


9:08、茅野駅に到着。
輪行解除はものの5分作業。手馴れたもんですよ。
そらチャリ業を9年もやってりゃ、ね。
仕事もこれくらい手馴れた感じにこなせないものかと・・・


気温が低く、絶対湿度(空気中に存在する水分量)が少なくなる
晩秋~冬だからなせうる、澄んだ空気、そして広い空。
これを見たいがために、わざわざ千葉から片道3時間もかけて
地方まで抜け出す行為をやめられないんですよ。

PB230047.jpg

杖突峠の入り口。県道? 国道? どっちやねん。
PB230048.jpg


杖突峠までは300~400mの標高差。
走りやすい道で、なんか45分くらいで登りきってしまったわ。

絶景のはずの峠は、またしてもガスの中。
PB230051.jpg

峠の茶屋の片隅に、わずかに溶け残る雪が。
PB230050.jpg



しかし茶屋のすこし向こう側、峠の場所はガスなんてこれっぽちも存在しないとか。
今日のアップはあっさり終了~
PB230054.jpg


高遠側は雲ひとつ無い晴天!
PB230056.jpg


ダウンメインの国道152号線を快走し、11時過ぎには高遠の町に。
「さくらの湯」に立ち寄りました。
PB230057.jpg

進路を西に変え、目指すは伊那の市街地。
途中で見たのは、白い雪を冠った木曽駒(?)と、青い空と、散る寸前の赤茶の木々のコントラスト。
写真だとイマイチ分かりにくいですが、目の前にこの景色が現れた瞬間
感動のあまり思わず声が出てしまったのは内緒のお話。
PB230059.jpg



さてさておまちかねの伊那市B級グルメはしごの旅~

1件目、ローメンは「萬里」
153号線と361号線の交差するところの1本裏にあります~

おなじみ「ローメン」にくわえて、レバ刺しなんて頼んでみました。

まずはレバ刺し。新鮮で、さほどクセも無くて美味なり。
一人では多かったですけどね・・・
PB230061.jpg


そしておまちかねのローメン。
そのままだとただの中華スープみたいな味なので、
ソース、酢、さらに好みでごま油、おろしにんにく、七味をかけて
自分だけの味を作って食べるというスタイルです。
PB230062.jpg

割合間違えてただのソース焼きそばをスープで伸ばしたような味になってしまい
残念だった。
実は3年前にも訪問したんだけど、そのときの方が感動は上だったかな・・・


2件目、ソースカツ丼~
・・・の前に、やることはしっかりやっておきます。
腹ごなしも兼ねて。ローメンだけで正直お腹いっぱいだったのに・・・
アピナ伊那店。
PB230063.jpg

甲府で途中下車しなかったって?
まだあと10ヶ月もあるから、何かの機会で行くかなと思って。



はい、腹ごしらえもすんだところで、もう一つの伊那名物。
ソースカツ丼は「たけだ」で。

PB230067.jpg


あのー、蓋が意味無いんですけどこれ・・・
PB230066.jpg

ただのソースカツ丼と侮る無かれ!
やわらかい肉に甘めのソースが非常にマッチしており、
一般の方にも十分お勧めできる隠れグルメだといえると思います。

前は伊那インター近くの高台にある「青い塔」に行ったのですが
こっちも引けをとらない美味しさだと思いますよ!!


本当はもっと晴天の伊那谷を満喫したかったのだけど、
千葉までの距離と、明日からの仕事を考慮して、
14時7分の電車に乗って帰ります。
まだまだ明るい空が名残惜しい・・・



信州はなぜここまでサイクリストを魅了するのだろうか。
今回訪れてみて、ゆくゆくは長野に住みたいと思わされたのも事実であるくらい

アルプスを始めとする素晴らしい山々に囲まれた土地であることが
間違いなく理由の一つだと思うが。
この地を訪れるのは、1年半前の天竜スーパー林道を含めて4度目になる。
ただ景色がいいというだけの理由で、こんなに何度も足を運ぶだろうか?

なんでだろう? まだその理由は見えない。
スポンサーサイト
この記事のURL | 自転車旅(その他) | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<ぼやき置き場09年11月後半 | メイン | ぼやき置き場09年11月前半>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://friendsagain.blog108.fc2.com/tb.php/95-90ef6172
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。